1. TOP
  2. ■デザイン工房
  3. WorePress ページにパスワードをかける方法(WordPressの機能を使ってページ単位のパスワードを設定)

WorePress ページにパスワードをかける方法(WordPressの機能を使ってページ単位のパスワードを設定)

キャプチャー、保護ベージ

WorePressでページ毎にパスワードをかける方法は、とても簡単です。特定の人だけに閲覧できるページを作りたい場合は便利です。ブログの読者さんへのプレゼント企画や、会員限定サイト等を簡易的に作れます。

ご紹介するのは、WordPressの投稿や固定ページにある、ページの「公開」情報からパスワードを設定する方法です。
*他にもプラグインを使用する方法等いくつかの方法があります。

パスワードをかけるページを作成する

ページは、投稿ページでも固定ページでもOKです。

今回はテスト用に固定ページを作成しました。

キャプチャー、固定ページ作成

 

パスワードを設定する

パスワード保護の設定は、作成ページの公開設定で行います。

公開設定の欄で、公開状態の右にある [編集] をクリックします。 スクリーンショット、公開設定

公開の設定画面が開きます。

[パスワード保護]をクリックして選択します。
②パスワードを入力します。
パスワードの文字種や文字数に制限はありませんが、英数字等を混ぜて短すぎない文字数にしてください。
[OK]をクリックします。

キャプチャー、パスワード保護設定

これで完了です。
とっても、簡単です。

記事が完成したら、いつものように公開します。

【パスワード保護の便利な機能】

一度パスワードを入力すると、30分の間はパスワード入力をしなくてもページを開くことができます。

複数のページに同じパスワードを設定すると、ページから他のページへ移動した時に、各ページごとにパスワードを入力しなくても開くことができます。

パスワード保護は、公開してからでも随時、設定または解除ができます。

パスワードを設定したページを開く

パスワードを設定したページを開きます。
キャプチャー、パスワードを設定したページの URLを入れる

パスワードを設定したページを URLで記載してメール等で知らせる場合、URLは短い方が綺麗です、パーマリンクが日本語になっていると長いURLになるので、パーマリンクの編集で、アルファベットの短いURLに変更しておきましょう。

【パーマリンクの編集方法】

タイトルの下にある、パーマリンクの[編集]ボタンをクリックします。
キャプチャー、パーマリンク編集

タイトル部分が日本語の場合は、英字の件名に変更しておきましょう。
これが、このページのURLになります。キャプチャー、パーマリンク編集

メールや、ブログで、ページへのリンクを案内する時は、このパーマリンクを記載します。
*このページのURL : http://appli.red/pass

ページが開いて、パスワードの入力が求められます。
キャプチャー、パスワード入力画面

パスワードを入力し、[確定]をクリックします。
キャプチャー、パスワード入力

 

ページが開きます。
タイトルの前に「保護中」という文字が入ります。
キャプチャー、保護ベージ

 

パスワードを設定したページを開く、試せれます。

テスト用に作成したページは公開していますので、お試しできます。

以下のURL をクリックしてください。
↓↓↓↓↓

http://appli.red/pass

入力パスワードに以下を入力

passtest1234

どうぞ