1. TOP
  2. ■おうちご飯
  3. お家で一人炭火焼き鳥の醍醐味二人前でもちょうどいいミニBBQ

お家で一人炭火焼き鳥の醍醐味二人前でもちょうどいいミニBBQ

写真、ミニBBQ

「ちょっと炭火焼」、鳥串焼くのもいいし好みの野菜を楽しむのもいい。ミニの火加減がちょうどいい時間とイベント感をもたらします。ワンランクアップの夏の夕べには超おすすめのミニBBQです、思い立ったら「ポチ!」です(^^)。

ミニとはいえ炭火です、煙はそこそこでます、お家の中ではちょっとしんどいかも、しっかり換気扇の回ることろで試してみてください。ミニでもお庭があるならOKです。ただしご近所に美味しい匂いが充満します。

道具の買い出し

バーベキューセットはあるけど、ちょっと鳥串というには大きすぎ、炭もたくさんいるので、兼ねてからのぶ(旦那さん)が目をつけていた「ミニBBQ」を求めてホームセンターへ。

買ったもの
■ミニBBQ
North Eagle(ノースイーグル) コンロ ステンミニBBQ solo NE1420 :  1,280

  • 材質:本体/ステンレス、脚部/スチール(クロームメッキ)、網/スチール(クロームメッキ)、ロストル/スチール
  • 本体サイズ:約23.3×16.5×16.5cm
  • 収納サイズ:約23.3×16.5×9.5cm
  • 重量:約600g

写真、ミニBBQ

■鳥串用の台
自在くし台:398

【材質】スチール
【サイズ】W217mm×D56mm×H40mm

■オガ備長炭
オガ炭5kg:1,080

(byWiki)
オガ炭はオガクズを圧縮加熱成形して作られた「オガライト」を原料として炭化させた物であるため、形状は均一である。また、オガライトの製法上、内部がちくわのように中空となっている。

備長炭に似た性質でもある為、商品名称に「オガ備長炭」「備長炭(オガ炭)」といった感じで併記している場合も多い。

着火に関しても白炭に似て、黒炭などより手間を要し、非常に火熾ししにくい性質のため、着火加工されたヤシガラ炭や、既に熾っている木炭を種火としてオガ炭に着火させる方法が確実である。→「火熾し(火おこし)方法」を参照 しかしその反面オガ炭は火持ちは良く、上質な製品では1000℃前後という高い燃焼温度が長時間得られ、たとえばバーベキューパーティーが4〜5時間ほどに及ぶ場合は、炭の継ぎ足しも必要なく好都合である。また、灰に埋めた場合は12時間以上も燃焼が継続する。

オガ炭はグレードごとの形状と品質が均一で、品質の割に比較的安価であり、長時間の高温燃焼が持続し、燃焼臭や煙も目立たず、構造上爆跳の危険性がほとんど無いので飲食店などでの利用が多い。

写真、BBQ一式

BBQ開始

今日は梅雨の晴れ間の猛暑日、17時過ぎても暑いです〜
ということで、我が家のとっておきの裏庭にセッティング

実は、岡山県は鍾乳洞がいっぱい。山々はあっちもこっちも石灰岩、我が家の裏山も隣の金比羅神社から続く石灰岩の岩壁です。そしてなんと、裏庭には鍾乳洞の口が開いている。そしてなんとなんと夏はここから涼しい風が吹き出すという天然のクーラ完備のエリアなのです。
今ちょうど、自生している「雪の下」が満開です。正面の石垣いっぱい全部雪の下です。羽黒トンボもたくさん羽を休めています。

写真、裏庭の全容

あれこれ運ぶのが楽なように、茶の間の出入り口に近いところにテーブルをおきました。(これが、大変なことになるのです。)

テーブルもmini なのですが、ミニBBQのミニぶりがよくわかりますね。
とりあえず、炭に火がついたのでBBQスタートです ( /^ω^)/
写真、スタート

こんな感じです、のぶの右後ろが鍾乳洞の口です。
写真、テーブルセッティング

テーブルのそばはお部屋への入り口、こんなに小さいのにいっちょまえに煙もくもく。その煙は風向きでお部屋の中に吸い込まれ、お家の中がもくもくに(v〃∇〃)

まあ、警報機がなっても、くすぶっても、近所迷惑は心配無用なので気が楽です。お家の前を通った人には、たまらない匂いが届くはず。

急遽扇風機をもってきて、煙追い出し作戦に!

ミニBBQ鳥串ラインアップ

オガ備長炭のデメリットは火起こしがちょっと手間取ること、まだ、火が周りきっていないので、火力が弱いです。でもそこは遠赤じっくりやきます。

「ネギま」、「ぼんじり」でスタートです。
写真、ネギま、ぼんじり

タレをつけながら、じっくり焼き焼き。「ビール」で乾杯!
写真、ネギまたんまり買いました

 

焼きあがった、ネギまとぼんじり炭色のわりには、苦くなくコリコリで甘いです。
皮」追加
焼きあがったネギま、ぼんじり、もも追加

畑で採れた「きゅうり」「自家製梅肉」
梅肉きゅうり

「厚揚げ」「ナス」投入

厚揚げとナス

皮の油で火が出ました、いい感じ雰囲気は盛り上がります。

皮に火が入りました

厚揚げが仕上がってきました。「ウィンナー」投入
ウィンナー投入

厚揚げとなすは 生姜を効かせた麺つゆにつけます。皮は塩こしょうで。
ビールの次は「ハイボール缶」です♪~♪ d(⌒o⌒)b ♪~♪

「砂ずり」投入
写真、砂ずり投入

だいぶ日が暮れてきました、ぼちぼちの進行ですが、結構食べました。
写真、日が暮れてきました。

ここらへんで、「おむすび」ウィンナーとあいます。(*^ー゚)v
お兄さん「ご飯粒ついてます〜」
写真、おむすび

ここにきて、炭が絶好調。
まってましたと「レバー」投入
写真、レバー

お酒は、ジンへ「グリーンアップル」です。
写真、お酒ジン

これが最後のネギま もうおなかいっぱい

のぶ「これ、明日のお弁当にいれて」
写真、最後のネギま

絶好調な炭を残して、
無事焼き切りました、そして食べきりました。

のぶ「広島じゃ、こんなことできんかったもんな〜」

プライスレスに贅沢な夕べは大満足で暮れていきました。

<今日の感想>
*ミニBBQわりといける(お父さんの「ひとり焼き鳥」にはもってこい)
*炭火はやっぱり最高、遠赤は美味しい
*オガ備長、ツキは悪いけど、パワーは最高
↓↓↓↓↓↓↓
早めに火の準備、火がついてからしばらく放置してやきはじめるといいかも〜

おすすめ商品はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

North Eagle(ノースイーグル) ステンミニBBQ solo NE1420
価格:1280円(税込、送料別) (2018/6/26時点)